長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

松本市のお宅での腰壁ミュールコート補修並びにコーキング処理の様子


松本市の現場で昭和の一般住宅でよくある腰壁ミュールコートの外壁補修クリア塗装を施工いたします。

ミュールストーン(骨材表し仕上げ材)は旭化成の製品で、砕石とアクリル酸アステル(接着剤や塗料の原料)を混ぜて塗り付け施工します。塀・腰壁・門柱・階段蹴込みなどに施工されています。

こちらの剥がれている所を見ると、剥がれたあとが白くなっています。この白い下地はモルタル下地で角を綺麗に仕上げ用のプラスチックのL字材です。ミュールコートは硬く、砕石は石ころなのでそれ自体は劣化致しません。しかしガラスやセラミックなどの劣化しないものはどうしても割れてしまいます。

角先から1センチぐらいに縦にクラックが入ってしまっています。これはL字材の幅の分でしょう。

ミュールコートのクラック補修です。こちらのコーキング補修は1級塗装技能士の職人がコーキングの色を調色して補修しました。色がなじんでぱっと見では気が付かないように仕上がりました。

 

こちらがアクリル酸アステルの旭化成ミュールコートAです。固まると透明になり、骨材が表しになります。

こちらが旭化成ミュールストーンです。

ミュールストーンの補修で厄介なのが砕石選びです。40年近く前の材料と同じものは先ずありません。なので、大きさや色目、形、雰囲気が極力似たものを選びますが補修跡はハッキリ出てしまいます。事前にその旨をお施主様に申告しなくてはいけません。

ミュールコートAとミュールストーンを混ぜて、剥がれ落ちてしまった部分に塗り付けます。

このようにヘラなどで剥がれ落ちた部分に塗り付け補修致します。

補修前

補修後

混ぜて塗り付けて乾く前は青色になります。今回は約3日ほどかけて乾かしていきます。乾きますとミュールコートAが透明になり、砕石が綺麗に表しになります。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 茅野市玉川地区外壁塗り替え工事をご依頼頂きました。

上の写真は下塗りをしている所です。 塗装する際は上から下へ、または塗りにくい所から塗りやすい所へ、が塗る際の決まりとなっています。 ついうっかり塗りやすい所から塗ってしまった時は服に塗料が付着してしまう事も職人さんは何度かは経験しているかと… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪市で外壁塗装の下見、現地調査クラックが多数ありました

諏訪市清水で外壁塗装おお問い合わせがあり、現地調査、下見に行ってきました。築40年ほどの2階建てモルタル造、古い建物ということもありますが、線路沿いに建っているので全体的に汚れた感じがします。図面がないということでしたので、採寸をしながら細… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 下諏訪町のパナホームのお家サイディングボードの反りの原因は?

諏訪郡下諏訪町で屋根塗装と外壁塗装のご相談があり、現地調査に行ってきました。パナホームさんのお家で外壁材はおなじみの窯業系サイディング、セメントと繊維質を混合させて成型した外壁材です。石積み調のきれいな外壁でしたが、細かく調査すると不具合が… 続きを読む
塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に