長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ

屋根材カラーベスト(スレート瓦・コロニアル)塗装について


スレート屋根破損

屋根材で使用する部材には、瓦材(セメント瓦・モニュエル瓦・三州瓦・金属瓦等)、トタン(ガルバリウム合板等)・カラーベスト(スレート瓦・コロニアル)が一般的(陸屋根にはシート防水)ですが、その中でもカラーベストは軽くて(構造体に負担が少ない)丈夫なので現在の新築住宅にも広く使われている良い屋根材です。

カラーベストの原料はセメントとけい砂を繊維で固めて塗装を施したものです。ですので、表面の塗装が劣化すると雨水を吸い込んでしまいます。屋根材の下地にはルーフィング(防水シート)が敷いてあるのでそれが原因で雨漏りする事はまずありません。

塗膜が劣化し雨水を吸い込んで乾いての繰り返しをすると、流石のカラーベストももろくなり、このように割れてしまう事例は多々見受けます。北面の日の当たらないところにはカビコケが生えていたりします。

 

割れ落ちてしまったものはどうしようもありませんが、ヒビ割れ程度でしたら割れ目にコーキング(シーリング)処理をし、塗装をします。

スレート瓦の劣化で一番厄介なのは、劣化が進んで反り返るので施工をするのに職人が乗ると割れてしまうことです。もうそのような状態になればスレート瓦屋根の上から板金をかぶせる工法(かぶせ葺き)しか手立てはありません。もちろん塗装よりお値段は高いです。そうなる前に、築10年で点検をしてメンテナンスを心がけてください。

こちらの部品は『タスペーサー』といいます。

スレート瓦は平たく重なり合っているので塗料により隙間が埋まってしまう事がありますので、塗装を施す前に隙間にタスペーサーを入れ込みます。

 

塗装会社、職人によってタスペーサーを使わずに仕上がりにカッターナイフで埋まった隙間を切る工法『縁切り』で施工することもあります。どちらの工法も隙間を作るのは一緒ですが、個人的に仕上がったところにカッターを入れるのはどうなのかと考えます。

このようにはめ込んであれば隙間が埋まりません

スレート瓦屋根は棟の所に板金を使っています。板金の繋ぎ部分にコーキング(シーリング)処理をしてあることもあります。一般的にコーキングの寿命は10年程です。ましては屋根の上ですとそれより寿命が短くなると考えられます。こちらも合わせて10年点検をしたいところです。なんにせよ一生メンテナンスが要らないものではないので事が大きくなる前に無料点検をお勧めいたします。

塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に