長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • HOME 
  •   > コラム > 松本市渚の路地裏の施工後40年のブロック塀の塗装の紹介です。...

松本市渚の路地裏の施工後40年のブロック塀の塗装の紹介です。


ブロック塀塗装施工前

松本市で古くなったブロック塀の塗装、笠木の交換、門柱の笠木も交換後ブロック塀の塗装します。塗装下地処理は左官でモルタルを塗った後

塗装がよくある施工方法ですが今回は補強も兼ねアルミパネル(アルミ間にアマイトを挟みこんだ材料)を張り、その上に塗装という方法で施工しました。

門柱の三角屋根状の笠木撤去し目地部分でっぱりをサンダーで撤去します。

ブロック塀部分の目地の出っ張りを削除し、平にしてアルミパネルを張ります。また既存笠木も撤去します。

ブロック塀の基礎部分の切り欠き部分です。ブロック塀にL地型鉄板を張る為です。地面にはコンクリートに埋め込んだボルトを2本

出してあります。L字型鉄板の短手を緊結する為です。

 

ブロック塀にアルミパネル貼った後、鉄板を張るボルトの穴をコンクリートドリルで開けます。

塗装する前の作業になります。

ドリルで穴明け後、ブロック塀を鉄板でサンドイッチにしてボルトを通して緊結します。

鉄板を張った表側部分です。施工後塗装する為金属用下塗り材(錆止め)を塗ってからの取り付け状態の画像です

裏の状態です。地中に埋設したコンクリートにL型鉄板を緊結します。

鉄板取付後 アルミパネルを目荒らして粘土の高い下塗り材を塗り関西ペイントのドリームコートをマスチックローラーで

塗ります。本来この下塗り材はモルタル下地適用ですが、昔からモルタル壁開口部分をアルミパネルで塞ぎ、目荒らし後ドリムーコートを塗装しても劣化が今のところないので、ブロック塀塗装には最適かと思われます。

 

最終工程です。コンクリートを打って終了です。通常強度で今回はセメント1.5袋 砂4,5袋 砂利9袋(各30㎏)を手練しました。これでL型鉄板も強度を増し、安心です。

 

コンクリートを打ち終え乾燥した状態です。

この近辺は抜け道になっているのですが、古いブロック塀も結構あり、地震でブロック塀が倒れたというニュースがあったころは、

この辺は危ないね?と会話しながら通行していたという事でしたが、工事後は綺麗になって安心ですねという声もあったそうです。

塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に