長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ

塩尻市洗馬で行った外壁塗装と目地カバー工法の様子をご紹介


塩尻市洗馬のM様からのご依頼で、はじめは浴室サッシ下の外壁が崩れているので、見て欲しいというお話でした。現地調査に伺ったとっころ、サッシ下の外壁の崩れは凍害による爆裂という現象でした。外壁内部に水が入りそれが凍って膨張すると中から壁が傷むというものです。崩れた外壁を補修するのは簡単ですが、その原因を直さないと同じことの繰り返しになってしまいます。隅々まで調査した結果シーリングの劣化、外壁の劣化が見られ早急にメンテナンス必要という診断をしました。メンテナンス方法などを細かく説明し、工事させて頂く事になりました。

ビフォーアフター

before
外壁塗装施工前
arow
arow
after
外壁塗装施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え その他 
使用材料
関西ペイント RSシルバーグロスSi
築年数
18年
ハウスメーカー
アイフルホーム 
施工期間
3週間
保証年数
メーカー保証7年
建坪
40坪

塩尻市洗馬で外壁塗装と窯業系サイディングの板間目地の打ち直しと目地カバー工法を行いました。浴室窓下の壁が崩れているというご依頼で見に行ったのですが、想像以上に劣化が進んでいて、外壁のチョーキング、板間目地のシールの劣化、窓廻りのシールの劣化、浴室窓下は水が入りそれが凍って中から壁を壊す爆裂という現象でした。メンテナンス方法を細かくご説明し、工事のご依頼を頂きました。

劣化状況

外壁塗装現調

浴室窓下の状況です。アルミサッシと壁材の間から結露水が入り、それが冬場に凍って膨張し内側から壁を壊す爆裂という現象です。窓下に水切りという金物が入っていない為壁の隙間から水が入ってしまいます。水切りを入れて壁を補修した後塗装します。

外壁塗装現調

窓廻りのシールはほぼ全滅でした。中でもこの2階東側の窓廻りはひどく、シールがなくなっているような状況でした。1階のシールを見て分かったのですが、適切な施工がされておらずこのような状態になってしまったと思われます。

外壁塗装現調
外壁塗装現調

窯業系サイディングというセメント系の外壁材です。一部のハウスメーカーを除きほとんどの場合板と板の間にこういったシーリングというシリコン製の繋ぎがあります。外壁と同様経年劣化する所です。シーリングが傷むと防水性が損なわれるので定期的なメンテナンスが必要です。写真のようなひび割れはメンテナンス時期のサインと言えます。

シーリング打替え

シーリング

ここから工程のご紹介です。

まずシーリングの処理をします。古いシーリングが劣化が激しかったので、すべて撤去して打ち替えることにしました。そこまで劣化していなければ上から打つ増し打ちという方法でも大丈夫です。費用的にも抑えられるので早めのメンテナンスをお勧めします。

写真は古いシーリングを撤去した写真です。

次にマスキングテープを貼っていきます。これはシールを打った後コテなどで押さえて均すときに、余計なところにはみ出さないようにするためです。仕上がりの美観を左右する大事な作業です。

シーリング
シーリング

次にプライマーを塗っていきます。プライマーとはシーリング材と外壁との密着を高める接着剤の役割をします。これをしないとシールが剥がれやすくなってしまいます。前のマスキングテープと同様、見えなくなってしまう作業ですが重要な作業です。

下準備が終わったらシールを打って、コテで均した後マスキングテープを剥がしてシーリングの作業は終了です。

シーリング

目地カバー工法

目地カバー
目地カバー

シールを新しく打ち替えた目地にカバーをかける目地カバー工法のご紹介です。

ガルバリウム鋼板製のカバー(写真左)を目地にかぶせビスで止めていきます。外壁の仕上がりの色と同じ色を塗るのであまり目立たなくなり、目地のシールを太陽の紫外線から守ってくれます。シールの打替えはこれで必要なくなります。

外壁塗装

外壁塗装下塗り

シーリングの作業が終わると外壁塗装に移ります。今回使用した塗料は下塗り材が関西ペイントの弾性ホルダーという、弾力性のある下塗り材です。これを1回壁全体に塗装します。下塗り材はほとんど白なので、下塗りが終わると一旦建物は真っ白になります。

次に中塗り、上塗りと作業が進みます。中塗り、上塗りは同じ塗料を使用し、今回採用した塗料は関西ペイントのRSシルバーグロスSiとい塗料です。弊社はリフォームサミットという関西ペイントの特約店に加盟しているのでこのRSシリーズの塗料が使えます。

この塗料はラジカル制御型塗料と言って、紫外線が塗膜を破壊して劣化していくのですが、この塗膜破壊の原因がラジカルです。紫外線が塗膜に当たると塗膜内でラジカルが発生して、このラジカルが塗料の密着力を弱め、色の成分である顔料を壊します。そのラジカル発生を抑制するのがラジカル制御型塗料ということになります。

この塗料を中塗り、上塗りと合計2回、下塗りと併せて3回塗りをします。

外壁塗装上塗り
外壁塗装完工

アクセントとして玄関周りの入隅だけ濃いめの色にしました。こうした塗り分けも可能です。事前にイメージ画像をお作りして、打合せを重ねて色を決めていきます。

これで目地の心配もなくなり、外観もきれいになりました。お施主様も大変満足されていました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 諏訪市湖岸通りで外壁塗装のご依頼があり現地調査に行ってきました

諏訪市湖岸通りの以前からのお客様から、外壁塗装のご相談があり下見、現地調査に行ってきました。諏訪湖畔にあり、有名な諏訪湖の花火大会を目の前で観覧できる最高の立地です。外壁はALCで1階と2階の一部が貸店舗、2階の一部と3階がお施主様の居住ス… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪郡下諏訪町から外壁補修のお問い合わせがあり現地調査してきました

諏訪郡下諏訪町で外壁が傷んできたので見てほしいというご依頼があり現地調査に行ってきました。築25年ほどの窯業系サイディングの外壁です。このブログでも再三出てきている窯業系サイディングですが、がいへきの70%~80%は窯業系サイディングだとい… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 茅野市玉川地区の外壁塗装工事をさせて頂いたのでご紹介致します

茅野市玉川で外壁塗装工事を行っています。 途中経過になりますが塗装を塗るまでの工程は塗装職人さんがしっかりと施工してくれましたので、私は下塗り塗装から施工していきます。 下塗り塗料は上塗り塗料と外壁下地の接着剤のような存在と言われています。… 続きを読む
塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に