長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ

茅野市金沢で行った金属サイディングのカバー工法をご紹介します


以前から外壁の損傷が気になっていた。ここで思い切ってメンテナンスをしようと思った。

ビフォーアフター

before
金属サイディングカバー工法
arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 サイディングカバー工法 
使用材料
【外壁】
ケイミュー株式会社
金属サイディングはる一番
全体:優波柄マットブラック
バルコニー:和木目柄ブラウン
【屋根】
関西ペイント
RSルーフ カーボングレー
築年数
約20年
施工期間
1か月
保証年数
外壁:塗膜変褪色10年保証
   赤サビ10年保証
建坪
42坪

茅野市金沢で既存の窯業系サイディングの上から金属サイディングを重ね張りするカバー工法の工事と、金属屋根の塗り替え工事を行いました。はじめは塗装を検討されていましたが、既存外壁の状態が悪かったこと、まだお若いご家族で今後何10年と住む家だということなどを鑑みて、金属サイディングのカバー工法をお勧めしました。塗替えよりも費用はかかりますが、現状の問題点をすべて解決することは難しいです。塗装できないほどの損傷個所もあります。金属サイディングのカバー工法はそういった問題点を解決でき、今後のメンテナンスもほとんど必要ありません。長い目で見ればカバー工法のほうがコストパフォーマンスは高いと思います。

【金属サイディングカバー工法】施工前

金属サイディングカバー工法

一番の問題であった爆裂による損傷個所です。外壁内部に入った水が冬場に凍結して内部から破壊する現象です。

金属サイディングカバー工法

窯業系サイディングボードが反ってしまっています。ボードの厚みが足りない場合によく起こる現象です。これは塗装での修復はできません。

金属サイディングカバー工法

シーリングが劣化しています。前の持ち主さんがご自分で直されたようですが、これでは見た目が悪い上に、機能的にも問題があります。

金属サイディングカバー工法

ボード自体の損傷です。ボードが薄いので正面からくぎ打ちで止めることができます。その釘の部分から割れたりかけたりします。

金属サイディングカバー工法

足場を架けて工事開始です。

お施主様に全面的にご協力いただき、写真の使用、看板の設置をご了承いただいています。

【金属サイディングカバー工法】塗装工事

金属サイディングカバー工法

サイディングを張る前にサイディングを張らない付帯部分の塗装を行います。この写真は軒裏天井を塗装したところです。使用したのは関西ペイントワイドグリップです。軒天がきれいになっただけで引き締まった感じがします。

金属サイディングカバー工法

雨樋の塗装も行います。状態が悪かったら雨樋の交換をしますが、塗装で十分だったので塗りました。株式会社染めQテクノロジーのミッチャクロンで下塗りをして、関西ペイントのシリコンルーフで仕上げました。

【屋根塗装】

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

屋根は塗装で十分メンテナンスができる状態だったので塗り替えをしました。上の写真は下塗りをしている風景と、下塗りした後です。2階が夏暑いということで、下塗り材は関西ペイントのアレスクールプライマー、トップは同じく関西ペイントのRSルーフSi、色はカーボングレー、黒に近いグレーです。両方とも遮熱効果がある塗料なので、夏の暑さも多少緩和されると思います。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

塗装は屋根も外壁も基本的には3回塗りをします。左が2回目の中塗り、右が3回目の上塗りが終わったところです。裏に森林を背負っているので落ち葉と闘いながらの塗装でした。白く褪色していた屋根が黒光りしたきれいな屋根に仕上がりました。

【金属サイディングカバー工法】下地取り付け

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

どんな工事も下地が大切です。サイディングボードを取り付ける下地として幅45mm(場合によっては90mm)厚さ15mmの芯にアルミ板が入っている樹脂製の胴縁という角材を455mm間隔で外壁に留めていきます。15mmの厚さによって通気層ができ、外壁内部に入った水分の抜け道になります。

before abc 金属サイディングカバー工法
after 金属サイディングカバー工法

このように壁全体に胴縁を垂直を見ながら打ち付けていきます。ここまでで4日ほどかかりました。

役物取り付け

サイディングカバー工法

次に役物という副資材を取り付けていきます。

こちらは水切りという外壁の一番下で壁を伝ってきた雨水を外に流しだす役割がある部材です。

サイディングカバー工法

水切りの上に、コの字のスターターという部材を取り付けます。サイディングボードをはめ込んで止める部材です。

サイディングカバー工法

こちらはジョイナーベース、これを挟むようにサイディングボードを張り、そのあとジョイントカバーを取り付けるベースになる部材です。窯業系サイディングで言う目地やシーリングになるところです。金属サイディングはこれがあるのでジョイントの目地にシーリングは打ちません。

サイディングカバー工法

出隅ベースの取り付けです。出隅ベースも両サイドにサイディングボードを取り付けて、出隅カバーを止めるベース材です。ジョイント部分同様、出隅カバーを取り付けるのでシーリングは必要ありません。シーリングの劣化という窯業系サイディングの問題も金属サイディングは心配ありません。

サイディングカバー工法

窓周りにはやはりコの字をした見切縁を取り付けます。スターターと同様にサイディングボードをはめ込んで止めます。

金属サイディングカバー工法

最後に墨出しです。水平に印を付けて行きます。これがずれてしまうとボードが斜めになって見映えも悪い上に、一番上に行くと隙間ができたりします。正確さが要求される作業です。

下地胴縁、役物を取り付けて、下準備が終わりました。いよいよサイディング本体を取り付けていきます。

【金属サイディングカバー工法】サイディング本体取り付け

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

採用したサイディングはケーミュー株式会社の金属サイディング「はる一番」。何度も打ち合わせを重ね、イメージ画像をお作りして、外壁全体を優波柄のマットブラック、バルコニー面をアクセントとして、同じくはる一番の和木目柄ブラウンに決まりました。重厚感のある出来上がりになると思います。

サイディング1枚の幅は400mmです。下準備の段階で胴縁に墨出し(マーキング)をしました。400mm間隔で墨出ししたのでこの印に合わせてサイディングを張っていきます。正確に墨出ししたので1枚1枚水平に張ることができます。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

幅400mm、長さ3788mmのサイディングボードをそのまま張ることができればいいのですが、半分以上はそうもいきません。短く切ったり、窓にかかるところは切り欠いたり、配管に絡むところは穴をあけたり、加工が必要です。必要なところを性格に採寸して加工します。

金属サイディングカバー工法

窓周りにもコの字の見切縁を取り付けて、切り欠いたサイディングボードを差し込みます。既存窓枠と見切縁の間はあとでシーリングを入れます。

金属サイディングカバー工法

こちらは配管部分です。正確に位置決めをして穴をあけてます。サイディングと配管の間にもシールを打ちます。

金属サイディングカバー工法

下からだんだんと張っていき、仕上がってきました。もとはレンガ調だった外壁が、黒い壁に生まれ変わっていきます。

金属サイディングカバー工法

銀色の部材がジョイントベースです。ボードとボードのつなぎ目になります。見た目ちょうどいいところをジョイント部分にすることがコツです。中途半端なところをジョイント部分にすると見栄えが格好悪くなります。

金属サイディングカバー工法

こちらの銀色の部材は出隅ベース。コーナーに取り付けてやはりジョイント部分となります。コーナーなのでどんなお家でも最低4カ所取り付けます。

ジョイントベースにジョイントカバーが付きました。窯業系サイディングではここはほとんどの場合シールを打ちますが、金属サイディングではシールは必要ありません。

金属サイディングカバー工法

出隅ベースにも出隅カバーが付きました。ジョイントと同じくここもシールを打つところですが、金属サイディングなので必要ありません。

金属サイディングカバー工法

シール不要の理由がこちらです。ジョイントカバーの裏にはスポンジ状のパッキンがついていて、これが防水の役割をするのでシールが不要となります。

金属サイディングカバー工法

出隅カバーにも同じようにパッキンがついています。ジョイントカバーも出隅カバーも篏合式になっていてベースに嵌め込みます。一度取り付けると二度と外れません。

ベランダ面はアクセントで木目調のブラウンにしました。ベランダ面は目立つので同じ色柄のジョイントカバー、出隅カバーを使用しました。壁全体は色だけ同じカバーを使って価格を抑え、ベランダ面は高くなりますが色柄を合わせました。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

バルコニー内側ももちろん重ね張りします。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

足場を外して工事終了です。工事期間約1カ月、子供たちとも仲良くなり、お互いさみしい思いもありますが、様変わりした我が家に大変満足していただいています。ありがとうございました。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 塩尻市のお宅で行いました屋根、外壁塗装の様子をご紹介いたします。

塩尻市のお宅から外壁塗装のご依頼がありました。サイディングの状態は比較的綺麗でしたが、施主様曰く、南面のコーキングが劣化をしているのが気になっていたそうです。おっしゃる通り南面の一部ですがコーキングの劣化が見られました。 初回下見点検時には… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 茅野市金沢で金属サイディングのカバー工事を行っています

茅野市金沢で劣化した窯業系サイディングの上から、新しい金属サイディングを重ね張りするカバー工法での工事を行っています。 はじめは塗装での補修をご希望でしたが、壁の状態があまりよくなく、このまま塗装をしても延命治療にしかならないこと、まだお若… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪郡原村の別荘の塗装工事が始まりました。まずはシーリング打替です

諏訪郡原村の別荘で屋根塗装、外壁塗装の工事が始まりました。屋根はカラー鉄板の一文字葺き、外壁は窯業系サイディングと、別荘のイメージがあまりわかない佇まいで、大き目の一般住宅といった外観です。中も見せていただきましたが、吹き抜けの大きなLDK… 続きを読む
塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に