長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ

塩尻市で施工しました。塗り替え塗装では下地処理が一番大切なんです。


築年数が40年超えとなると思いもしない箇所にヒビが入り、割れたり崩れ落ちたりします。因みに国の基準で一般住宅はお手入れをしないと30年が寿命としています。こちらはモルタル漆喰仕上げの軒天です。漆喰が剥がれ落ちてモルタルがむき出しです。このまま劣化が進行するとむき出しになったモルタルが崩れ、モルタルを留めているラス網が見えてきます。そうなるとラス網は金属ですので錆びて弱くなりモルタルの重みでモルタルごとちぎれ落ちます。そこまでほおっておいたら補修工事もオオゴトになってしまうので、できれば季節の変わった頃(夏、冬)にお家の外回りをチェックしてヒビを見つけましたら専門家による無料点検をお勧めいたします。

ALC補修セメントに水を混ぜて練ります。

練って緩い粘土状になったら左官します。

こちらが建築された頃のお家は、モルタルの上に漆喰を塗り上げる工法がよく見られます。モルタルは簡単に言うと洋風漆喰です。ですが漆喰は防水性があるのに対して、モルタルは防水性がありません。なので、モルタルを防水するために漆喰でしあげているんですね。しかし今回は漆喰にさらに防水性を高める塗料、関西ペイント『アレスシックイ』を塗装しますので、補修材は『ALC補修セメント』を使用しました。漆喰よりも粘着力があり左官作業で形がつくりやすいので、モルタル補修にはこれが一番です。

左官作業で形を形成します。

『皮スキ』というお好み焼きをひっくり返すときに使う道具にそっくりな工具で、しっかりとなめしていきます。因みに皮スキの角を使って塗料の一斗缶を缶切りします。塗装職人のカッコいい仕草の一つです。

このように皮スキで形を整えたらサンドペーパーで表面を滑らかにします。

下地処理が完了しましたら、いよいよ塗装です。これで元通り。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 長野県諏訪市湯の脇町でのモルタル外壁塗装工事の経過をご紹介致します

諏訪市湯の脇で外壁塗装工事を行いました。 塗装工事は塗面の「洗浄」から始まり、塗面の汚れをキレイに落とします。 その次に皮スキ、サンドペーパー等で「ケレン」作業を行い、塗面の下地をキレイに整えます。 その次に「養生作業」「下塗り作業」「中塗… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪市湖岸通りで外壁塗装のご依頼があり現地調査に行ってきました

諏訪市湖岸通りの以前からのお客様から、外壁塗装のご相談があり下見、現地調査に行ってきました。諏訪湖畔にあり、有名な諏訪湖の花火大会を目の前で観覧できる最高の立地です。外壁はALCで1階と2階の一部が貸店舗、2階の一部と3階がお施主様の居住ス… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪郡下諏訪町から外壁補修のお問い合わせがあり現地調査してきました

諏訪郡下諏訪町で外壁が傷んできたので見てほしいというご依頼があり現地調査に行ってきました。築25年ほどの窯業系サイディングの外壁です。このブログでも再三出てきている窯業系サイディングですが、がいへきの70%~80%は窯業系サイディングだとい… 続きを読む
塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に