長野の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん松本諏訪平店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

〒399-0734

長野県塩尻市大門四番町6-5

TEL:0120-29-1468

FAX:0263-53-8006

塩尻市・茅野市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-29-1468

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ

塩尻市大門で行った金属サイディングのカバー工事をご紹介します


33年経っていろいろと不具合が出てきていました。シーリングの劣化、浴室窓の下の爆裂等々・・・

塗装も検討しましたが、将来的にもまだ住み続けたいので、予算はオーバーしましたが、思い切って以前ベランダの外壁だけやってもらったサイディングの重ね張りに決めました。

ビフォーアフター

before
金属サイディングカバー工法
arow
arow
after
金属サイディングカバー工法

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 防水工事 サイディングカバー工法 
使用材料
ケイミュー株式会社
はる一番
こずみ柄ミルキーホワイト
築年数
33年
施工期間
1か月
保証年数
塗膜変色保障10年
赤錆保障10年
建坪
172㎡

塩尻市大門で築33年、窯業系サイディングの外壁の上から金属サイディングを重ね張りするカバー工事を行いました。はじめは屋根塗装のご相談だったのですが、屋根の劣化もさることながら、外壁の劣化のほうが深刻でした。塗装での修復も可能でしたが、築33年でセメント系の窯業系サイディングでは、塗り替えてもあまり長くはもたないと思います。お子さんの代まで持たせたいという長期的なライフプランもお持ちだったので、金属サイディングのカバー工法のご提案をさせていただき、工事をさせていただくことになりました。

施工前の状況

金属サイディングカバー工法

施工前の北西面の様子です。

金属サイディングカバー工法

こちらは工事前の南面の様子です。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

北面、お風呂の窓周りです。お風呂からの結露が窓周りのシーリングが劣化したところから入り込んで、その水が凍結して中から壁を壊してしまう爆裂という現象が起きています。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

窓周りのシーリングや、サイディングボードとボードのつなぎ目のシーリングが硬化してひび割れや切れなどを起こしています。シーリングは防水の役目を持っていますが、こうなってしまってはその役目も果たしていません。こういったところから入った雨水が爆裂を引き起こします。

金属サイディングカバー工法

玄関わきの下がり壁の様子です。屋根から入った雨水で下がり壁の下場が腐食してしまっています。玄関脇なので目立つところです。

金属サイディングカバー工法

軒裏天井の様子です。塗膜が剥がれボロボロになっていました。金属サイディングを張る場合、足場を架けるのでこういった足場がないと修理できないところも付帯工事として修理します。

付帯塗装工事

軒天塗装
軒天塗装

軒裏天井を塗装します。ボロボロに剥がれていた古い塗膜ですが、高圧洗浄で洗い流せるところは洗い流して、それでも剥がれなかった塗膜はスクレーパーという道具を使って丁寧に剥がし、いったん丸裸にしました。

軒天塗装
軒天塗装

旧塗膜を剥がしたところで新たに塗装していきます。使用した塗料は関西ペイントのアレスワイドグリップという塗料です。軒裏天井はケイ酸カルシウム版という素材のボードです。このケイカル板に最適な水性塗料です。旧塗膜をすべて剥がしたのでこのワイドグリップを2度塗りしました。

下地工事

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

サイディング本体の施工です。まず初めに下地を外壁に450mm間隔で打っていきます。今回下地に使ったのは厚さ15mmの樹脂製の胴縁という角材です。施工マニュアルでは木製の胴縁を使うとなっていますが、弊社では腐食の心配のない樹脂製の胴縁を使用しています。下地15mm+サイディングの厚さが16mm、合計で31mm、3cm以上既存の外壁から出てしまうので、場所によっては下地を5mmのものに替えるなど、見た目も考慮した施工をしています。

役物の取り付け【土台水切りとスターター】

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

下地を外壁に取り付けた後は土台水切りとスターターを取り付けます。土台水切りは基礎の上に取り付ける板金で、雨が基礎(土台)と外壁の隙間から侵入するのを防ぐものです。水切りの上にすたたーを取り付けます。1辺が長いコの字の形をしていて、そこに1枚目のサイディング板をはめ込みます。水切りやスターターは一番初めの部材です。この部材が水平に取り付けられていないと上に行くにつれてそのずれが大きくなってしまうので、慎重に水平を見ながら取り付けます。

役物の取り付け【出隅ベース】

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

写真のシルバーの部材が出隅ベースです。外側に出ている角(出隅)に取り付ける部材で、この後に付ける出隅カバーを止める土台(ベース)になります。

役物の取り付け【ジョイナーベース】

金属サイディングカバー工法

今回はサイディングを横張りで施工しましたが、サイディング板の長さは約3mもしくは約4mです。外壁の端から端まで1枚の板絵収めることはほとんどの場合できません。2枚以上使うことになります。そのつなぎ目に取り付けるのがジョイナーベースです。のちにジョイナーカバーの下地となる部材です。これも少しでも取り付け位置がずれるとカバーを付けられません。正確な作業が要求されます。

役物の取り付け【見切縁】

窓周りには見切縁というコの字をした部材を取り付けます。あとでこの子の字の部分にサイディング板をはめ込みます。

 

これらの役物を取り付けて下準備が完了です。いよいよサイディング本体を取り付けていきます。

金属サイディングカバー工法

サイディング本体の取り付け

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

本体を下から上に張り上げていきます。先ほど取り付けた樹脂胴縁の下地にビス止めをして、上下の接続部分は篏合式になっていて嵌め込んでいきます。接続の口は下を向いているので簡単には水は入りませんが、毛細管現象で入ってくる可能性があります。万が一入ってしまっても接続部分にパッキンがついているの内部までは入ってこれません。防水対策もばっちりです。

before abc 金属サイディングカバー工法
after 金属サイディングカバー工法

左右のボードの接続は先ほどのジョイナーベースにジョイナーカバーを取り付けます。こちらも嵌め込み式になっていて一度嵌めたら2度と取れない構造になっています。またカバーにはパッキンがついているので防水性もあります。窯業系サイディングではこの部分をシーリングで防水しますが、金属サイディングはここに関してはシーリングは必要ありません。

before abc 金属サイディングカバー工法
after 金属サイディングカバー工法

角の部分は先ほどの出隅ベースに出隅カバーを取り付けます。これもジョイナーカバーと同様に、ベースに嵌めこんで止めていきます。もちろんパッキンがついているので防水対策にも抜かりはありません。ここもシーリングは不要です。

今回はジョイナーカバーも出隅カバーも本体と同色同柄のものを使いました。同色だけのものもありますが同色同柄のほうがしっくりくるので、私はいつもこちらを使っています。

金属サイディングカバー工法

見切縁の角は開口部キャップというL字の金具で隙間を埋めます。

ベランダ防水工事

ベランダの床の防水が傷んでいたので、追加で工事をさせていただきました。FRPという浴槽や船底にも使われる強化プラスチック製のベランダでしたが、強化プラスチックのガラス繊維のシートが剥がれてしわがよっていました。このままにしておくとしわの部分が割れて水が入ってしまい、ベランダの腐食や室内への雨漏りも予想されます。下地としてベニヤを張ってガラス繊維シートを張り付け、防水塗料を塗るという新規のFRP防水を施しました。上の写真はベニヤを張った後、特殊樹脂塗料でガラスシートを張り付けているところです。

ガラス繊維シートを張った後、防水塗料を2度塗りしました。これで雨漏りの心配はありません。

最終仕上げ

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

ボロボロに腐食していた玄関わきの下がり壁の下場のサイディングを張りました。もちろん雨水の侵入口も防水しています。

金属サイディングカバー工法

外壁がきれいになったので古い玄関ドアが悪い意味で目立ってしまいました。少しでも新品に近づくように、玄関ドアも塗装しました。

金属サイディングカバー工法

一旦外していた雨樋も元に戻します。通常は雨樋も交換するのですが、3年前に弊社で雨樋の交換工事は済んでいるので、今回は手を付けませんでした。

金属サイディングカバー工法

郵便受けも新しくしました。A4サイズの郵便物が届くことがあるということで、A4サイズがらくらく入る郵便受けにしました。

金属サイディングカバー工法

玄関ポーチライトとインターホンも新しいものに交換しました。この後表札も新しくなっています。

金属サイディングカバー工法
金属サイディングカバー工法

窯業系サイディングほどシーリングは使いませんが、サイディング板や役物でカバーできないところはシーリングで防水します。窓枠と見切縁の間はシーリングが必要です。周囲にはみ出さないようにマスキングテープを貼って養生した後、シーリングを打ってヘラで抑えます。このシーリングの施工で金属サイディングカバー工法の工事は終了です。

before abc 金属サイディングカバー工法
after 金属サイディングカバー工法

屋根塗装もしたので簡単にご紹介します。

カラー鉄板の一文字葺きの屋根を、関西ペイントスーパーシリコンルーフ2液タイプで塗り替えました。寒冷地に強い弱溶剤系の塗料です。下塗りと合わせて3回塗りで仕上げてます。

 

これで外装のほとんどがきれいになりました。ほとんど毎日工事の様子をご覧になっていたお施主様も、職人さんの技術や手際、もちろん出来上がりまで満足していただきました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 茅野市金沢で金属サイディングのカバー工事を行っています

茅野市金沢で劣化した窯業系サイディングの上から、新しい金属サイディングを重ね張りするカバー工法での工事を行っています。 はじめは塗装での補修をご希望でしたが、壁の状態があまりよくなく、このまま塗装をしても延命治療にしかならないこと、まだお若… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪郡原村の別荘の塗装工事が始まりました。まずはシーリング打替です

諏訪郡原村の別荘で屋根塗装、外壁塗装の工事が始まりました。屋根はカラー鉄板の一文字葺き、外壁は窯業系サイディングと、別荘のイメージがあまりわかない佇まいで、大き目の一般住宅といった外観です。中も見せていただきましたが、吹き抜けの大きなLDK… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 諏訪郡富士町での外壁塗装。クリア塗料を吹き付け塗装しました

諏訪郡富士見町で屋根と外壁の塗装を行っています。一条工務店さんのお家で屋根はガルバリウム鋼板の一文字葺き、外壁は1階の一部がレンガ張り、残りの部分とと2階がモルタル造です。今回屋根は高耐久塗料、AGCコーテックのフッ素樹脂塗料で塗り替え、外… 続きを読む
塩尻市、茅野市、松本市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん松本諏訪平店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-29-1468
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん松本諏訪平店に